■1   ■2   ■3
■4   ■5   ■6
 
ここでは、谷回りで早めのエッジングを覚えることで、ターン方向への重心移動の基礎を練習します。谷側に切り換えす時は、踏み換え動作を細かく・素早く行うのがポイントです。
■7    
■1   ■2   ■3
スタンスを広げている状況では、両足の内側の角が立っている状態です。両スキーを活用するために、内スキーの外側のエッジを活用できるように練習します。まずは内スキーを少し引き寄せて平らに踏むような感覚で山回りをしてみましょう。
■4    
■1   ■2   ■3
スピードに合わせて少し傾きを使って山回りをしましょう。この場合、内側の足に腰を乗せるような意識でポジションを作ります。腰が左右に移動するという感覚を徐々に練習しましょう。
■4   ■5    
■1   ■2   ■3
■4   ■5   ■6
山回りで練習した要領で連続ターンで滑ってみましょう。スピードに合わせて適度に腰が左右に移動する感覚を身に付けましょう。
■1   ■2   ■3
■4   ■5   ■6
次は少し高い姿勢で滑りましょう。スピードを感じたり、無駄な動きが少なくなり、ポジションを移動させて滑る感覚が身に付いてきます。
■1   ■2   ■3
脚部の動きで確実にターンするための基礎を練習します。山回りで、足首・膝を使って脛を山側に傾けて滑りましょう。膝の向きをターンする方向に向けていくと脛の傾きが作りやすくなります。
■4    
■1   ■2   ■3
@の動きに身体の傾きを加えて滑りましょう。スピードを利用してターンする感覚を身に付けることが出来ます。
■4    
■1   ■2   ■3
連続ターンの中で重心をスキーの進行方向に移動させて切り換えを行います。スピードに合わせて適度に移動することがポイントです。
■1   ■2   ■3
Bの練習に加えてターンしていく方向に重心を移動させて切り換えをします。切り換え時に身体の向きを斜面の下の方に向けていくのがポイントです。これにより短時間でスムーズな切り換えを身に付ける事が出来ます。
■4   ■5    
■1   ■2   ■3
グラススキーはスキーのエレメントを回転させて滑ります。両スキーを上手く使って滑らせることが重要です。ターンによって外スキーと内スキーの荷重の量は変わりますが、両スキーを滑らせる感覚を大切にしましょう。
■4    
■1   ■2   ■3
■4   ■5   ■6
芝の感覚、スピード、バランスに慣れてきたら自然なポジションで、スピードに合わせた傾きを使って滑ろう。この時もスピードを出すのではなく、自分の余裕のあるスピードで滑ることが大切です。
■7    
■1   ■2   ■3
余裕が出てきたらリズムを変えて滑ろう。まずは少しターンをコンパクトにしたミドルリズムから。リズムが出てくると自分の思い通りにスキーが動き楽しさも広がってくる。
■4   ■5    
■1   ■2   ■3
■4   ■5   ■6
そして、次はショートリズム。足首・膝をうまく使いながら滑ろう。しかし、膝を左右に切り換える動きだけにならないように、一つ一つのターンで腰の重さがスキーに伝わるように弾みながら滑ろう。
■7    
Copyright (c) JGSA All right reserved.