■1   ■2   ■3
履き方は、ブーツの前を金具に掛けます。そして後ろの金具をブーツに当てながら引き上げます。パチンと音がしたらOKです。詳しくはレンタルを借りる時に確認しましょう。
グラススキーの特徴はスキーの長さが短く地面からの高さがあるという点です。そのため前後のバランスが少し難しく感じます。はじめは、スケートのような物を履いているくらいの気持ちで扱いましょう。
■1   ■2   ■3    
もう一つはスキーが横ずれをしないという点です。スキーの底面にカーブがついていて、それを利用してターンをします。よくカービングターンの感覚で!と表現されますが、そんなに敏感なものではありません、スキーが移動しながらスムーズにターンする感じです。
■1   ■2    
■1   ■2   ■3
転ぶ時にはお尻から転びましょう。アスファルトやコンクリートとは違います。草がクッションの役目をしてくれ衝撃を緩和します。
■4    
止まり方は、スタンスを広げて抵抗を作り徐々にスピードを止めてゆく方法が初歩の段階ではベストです。スキーを広げる時には急な動作ではなくゆっくりと開くのがポイントです。
■1   ■2   ■3    
■1   ■2   ■3   ■4
スピードが出ている場合や斜度のある場所では、山側のスキーから踏み換えながら、スキーの方向を横向きから山側へ徐々に変えて止まります。内足を踏み出したら外足を平行にするという動作をあわてずに繰り返してください。
■5    
■1   ■2   ■3
まずは、スキーのエレメントを転がしながら歩いてみましょう。ストックも使って日常歩行する感覚で行います。
■4    
■1   ■2   ■3
スケーティングはスピードに載せて移動する時に有効です。踏み出したスキーに体重を乗せて滑らせながら行いましょう。このような平地での移動に少し時間を掛けると斜面での練習がスムーズに進行します。しっかり練習してください。
■4   ■5    
■1   ■2   ■3
登る方法はスキーと同様です。横向きで階段登行してみてください。登る斜面が急な場合に有効な方法です。
■1   ■2   ■3
グラススキー場は比較的平坦な場所が多いため、前向きで登ることが多いです。つま先を広げてストックで支えながら登りましょう。
■4    
■1   ■2   ■3
それでは平らで広い場所を選び、滑る練習を始めましょう。はじめはスタンスを広げてゆっくりと滑りましょう。
■1   ■2   ■3
少し慣れてきたら、自分が一番バランスの取り易いスタンスで滑りましょう。身体の緊張がやわらぐ事が大切です。
■4    
■1   ■2   ■3
スキーの上で、身体を自由に動かすために、足首・膝の曲げ伸ばしを軽くやりながら滑ってみましょう。
■1   ■2   ■3
大分余裕がでてきたら、斜面を変えたり、少し長い距離を滑ってみましょう。
■1   ■2   ■3
前に行った踏み換えと同じ要領で行います。そして少しづつスキーを滑らせながらターンしてみましょう。
■4   ■5    
■1   ■2   ■3
スタンスを広げてターンします。まずは手を広げてターンする外側に上体を傾けてターンしましょう。外側の足に体重が乗り、重みで徐々にスキーがターンしてゆきます。
■4    
■1   ■2   ■3
次は腰の向きをターンする方向に向けてターンします。この動作に合わせて外足を少し伸ばすようにすると外スキーに力が伝わり徐々にターンしてゆきます。意識しにくい場合は胸の向きや視線を向けていくようにしてみましょう。
■4    
写真のように膝を内側に入れてターンする方法は、スキーの角を立てるだけで体重がスキーに伝わりません。体重がスキーに伝わりやすい方法でターンを練習しましょう。
■1   ■2    
■1   ■2   ■3
少し余裕が出てきたら、方向を切り換えて連続で滑ってみましょう。切り換えは両足に乗っているポジションを一度作ってから、次のターンに入りましょう。
■4   ■5    
■1   ■2   ■3
この場合も切り換えで両足に乗るポジションを作って次のターンに入りますが、少し早めに腰の向きを次のターン方向に向けていくのがポイントです。
■4   ■5    
■1   ■2   ■3
 
確実にターンするためには、上体の傾きと腰の向きの両方を意識するとターンが確実になってきます。この方法も合わせて練習して下さい。
■4   ■5    
Copyright (c) JGSA All right reserved.